詩。焦燥。

この記事を読むおよその時間 < 1

夏はぼくを焦らせる。

照りつける日差しと熱風。

渇いて干からびていく身体。

いくら水分でのどを潤しても消えやしない。

渇望。

夏がこんなに嫌いなのは。

夏がこんなに嫌いなのは。

置いてきぼりにしてきたあの日から。

ぼくが一歩も進めていないからだ。

きっといつまでも埋められない何かを。

探し続けて続いていく。

正しいか正しくないか。

それはまだわからない。

道の途中で。

ぼくはぼくの失った何かを。

ずっと探し続けて続いていく。

夏はぼくを焦らせる。

揺れる陽炎。

逃げ水を追っていく道路。

青臭いぼくにうんざりする。

夏、焦燥。

2020.8.16

+2

コメント

タイトルとURLをコピーしました