詩。雫。

この記事を読むおよその時間 < 1

きらきらひかった

暗い部屋の外を見ていた

きらきらひかった

レースのカーテンに、もやがかかった

きっといつの日にか、この場所からも旅立たなきゃいけないって

そう思いながらも夢を見て、あの日の影を思い出してた

きらりとひかった

その雫にわたしの夏は終わった

置いてけぼりのまま劣化していく

いつからだった大事なものは、この手の中から消え失せてしまった

いつからだった大事なものは、またひとつ、もうひとつ、この手に増えた

どうなるのかなんて、そんなことは

想像することすら、おこがましくて

ただ日々を紡いでた

強い光はまぶしくって手をかざしてみても

突き抜けてわたしの胸を刺す

わかってる、わかってるって

納得したふりをしながら足踏みした

こぼれ落ちる雫

窓を開けたら、まだ残っていた熱気が同化した

カーテンを揺らす風が、火照りを冷ました

こぼれ落ちる雫

一歩踏み出そう

景気が付いて歩き出せたら、また歩いていける

行きたい場所にだって、きっと行ける

いつだって光の、その先に

行きたい、その先に

きらりとひかった

その雫にわたしの夏は終わった

2020.9.7

コメント

タイトルとURLをコピーしました