キャラ。

気持ち

キャラ。

キャラとは、キャラクター(英: character、性格・人格)を省略した若者言葉で、コミュニケーションの場における振舞い方に関する類型的な役割を意味する[1]。その具体的な役割に応じて、例えば「まじめキャラ」「バカキャラ」「へたれキャラ」「癒しキャラ」のようにさまざまなものが存在する[2]。
この用法の「キャラ」という語の発祥は定かではないが、1999年の『現代用語の基礎知識』や新聞記事での使用が確認されているため、その頃から日本の若者の間で浸透した表現だと考えられる(漫画・ゲームなどのキャラクターの省略形としての「キャラ」はそれより以前からの使用が確認されている)[3]。
本項で説明している「キャラ」は、省略されることなく「キャラクター」といわれることもあり[4]、実質的には和製英語といえる[5]。もともと「キャラクター」という言葉には「物語の登場人物」という意味があるが、この意味での「物語」を「小さな共同体(コミュニティ)」と読み替え、「コミュニティ内での個人の位置(イメージ)」という意味で「キャラ/キャラクター」という言葉を使うような思考形式が生まれていったのだと考えられる[6]。

あなたのキャラはありますか?

いい意味でのキャラはあるといいのですが、悪い意味でキャラがついてしまうと非常につらい。

まぁ、いい意味でのキャラでも無理してたらつらいのはつらいのですが・・・

一旦ついてしまったキャラは変えるのが大変。

悪い意味でキャラがついてしまうと大変です。

そうなってしまったら変えるのは非常に大変だからです。

悪い意味でのキャラは一旦ついてしまうと払拭するのには相当苦労することになります。

なんなら払拭なんてできないかもしれない。

悪い方向にはすぐ変わるのにそこからいいイメージにしようとするのは並大抵ではありません。

そんななかでそのコミュニティの中に所属し続けるのはつらいものになります。

情弱な人では精神がもたないかもしれません。

鋼のメンタルが欲しいと何度思ったことか。

結局のところ、どうすりゃいいの。

耐えるのが美徳みたいなところもありますが、逃げていいと思います。

そんな強くない。一度壊れてしまったら元通りにはならないのですから。

耐性みたいのは徐々についてくかもしれませんが人間もともと強い弱いありますからね。

強い人がデフォみたいな世の中ですがね・・・

みんななんでそんな強いの・・・

弱い人はどうしたらいい。

弱い人はどうしたらいいんでしょうか?

どうもしなくていいです。

強い人は弱い人の気持ちはわからないのですから。

言いたいことを言って好きに生きてる人にはわからないんです。

弱さとかって。

なんなら嫌味でも言ってさらにえぐってくる人だっていますからね。

弱い人は弱い人に寄り添ってあげられるといいですね。

そういう優しさは持てるといいなとはいつも思っています。

でも自分で精一杯。

でも正直言って自分のことだけで精一杯なところあります。

余裕のある時だけでいいんです。

無理はいけません。

こんな世の中ですが、本当に尊敬できる様な人も意外と多いです。

そういう人を目標にして生きていきたいですね。

強くはなれなくても弱さのわかる人になりたいものです。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました