詩。紅手(くれないで)。

この記事を読むおよその時間 < 1

紅く染まる

小さな小さな手

触れてしまえば

ぽろりと

崩れてしまいそうな

華奢な夕暮れ

加速する暗がりに

二人の影が

色濃く揺れる

まだ暮れないで

きみの手に触れてしまうから

あたたかいね

ぬくもりが

ぼくもきみも

ああすべてが

染まりゆく

くれないで

 

 

 

 

過去詩です。

秋の深まる頃に書いた詩です。

春なのに秋の詩。

春も秋も気温的に過ごしやすい、いい季節ですね。

今年の春はお花見にも行かず家でのんびりと過ごしています。

春っぽいめっちゃ明るい詩でも書けたらいいんですが・・・

完全なる趣味の領域であるこの詩のカテゴリ。

見てくれている方がいるのか謎ですが。

不定期サイレント投稿しております。

2020/4/3

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました