詩。カーテン。

この記事を読むおよその時間 < 1

光を透過する

ランダムストライプ

包まれていく

明るさを

温度を感じて

手を伸ばす

少しだけ少しだけ

隙間を空けて

遮光しない空間に充満する

光と闇を連れ添ってある姿

行ったり来たりの振れ幅が

小さくなってきたなら

希望と絶望を携えて

少しだけ少しだけ

前を向いた

 

 

 

 

過去詩です。

今の気分にぴったりなので再掲。

天気のいい日に書いた詩です。

天気は悪いし(雨が降っている)世の中もこんなですが(コロナで不安)。

少しだけでも前を向いて進んでいけたらいいなあと思っています。

生活の転換期の真っ只中。

これからどうなっていくかって不安がいっぱいですが。

焦らず落ち着いていけたらいいなと思います。

後ろばっか見ててもしょうがないし前向いて行こう。

2020/3/27

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました